浅草ほおずき市、2014年の日程とアクセス、ほおずきの育て方も紹介!

375px-PhysalisAlkekengi-balloon赤い六角形の袋状の果実が特徴的で、古くから薬としても利用されてきた「ほおずき」。漢字では「鬼灯」や「酸漿」と書かれます。

家庭で栽培できる薬として普及し、今では観賞用としてほおずきを家庭栽培するという習いが残っています。そのため、毎年ほおずきの開花時期が近づくと各地でほおずき市が開催されます。

中でも大規模で歴史が深いのが、毎年7月に浅草寺で行なわれる「浅草ほおずき市」です。浅草ほおずき市は江戸時代から続く歴史あるもので、毎年60万人もの人で賑わいます。さて、そんな「浅草ほおずき市」について、ここでは2014年の日程や、アクセス、さらに購入したほおずきの育て方について紹介していきます。 「浅草ほおずき市、2014年の日程とアクセス、ほおずきの育て方も紹介!」の続きを読む…