忘年会シーズンを健康に。飲み方、食べ方で気をつけたいポイント

忘年会そろそろ本格的に忘年会シーズンが近づいて参りました。人によっては飲み会自体があまり好きではないという人も居るかもしれませんが、楽しむという人も多いでしょう。そこでここでは、望年会シーズンにおいて思わぬ伏兵となりがちな「健康」について考えていきたいと思います。 「忘年会シーズンを健康に。飲み方、食べ方で気をつけたいポイント」の続きを読む…

忘年会の景品はどうする?2013年の景品人気ランキング

忘年会景品忘年会はただ参加する側にとっては年の瀬の飲み会ぐらいなものですが、幹事にとっては様々なことに気を遣わなければならない一大イベントです。

気を使うポイントの一つとして、ちょっとしたゲームなどをした際の景品を何にするか、ということがあります。

ここでは2013年の忘年会で使いたい景品を人気ランキング形式で紹介していきたいと思います。

第3位 自分で選べる魅力。カタログギフト

カタログギフト欲しい物といっても、誰もが欲しがる物というのは中々難しいものです。そういったことを考え続けるのも煩わしいということで、最近人気を集めている景品が「カタログギフト」です。

カタログギフトは商品カタログとハガキがセットとなっており、カタログの中から好きなものを選んでハガキを投稿すれば、そのものが送られてくるというシステムになっています。

そのため、貰った側も自分が欲しいものを貰う事ができますし、あげる側もそれぞれの好みを気にしなくていいので楽なのです。

選べるカタログギフト「パール」(4,200円)

 第2位 冬に役立つ防寒グッズ

防寒グッズ忘年会は冬本番の最中に行われます。そのため、その寒い冬を乗り切るための防寒グッズというのも景品として人気を集めています。

特に女性が多い職場だと冷え性に悩んでいる人も多いので、冬場を暖かく乗りきれるものを景品とすると喜ばれることが多いでしょう。

 

クラシカルブランケット&タンブラーセット (1,029円)

第1位 美味しく食べられるのが一番!

ラーメンセットやっぱり景品としても高い人気を誇るのは食品類のようです。誰もが楽しめるセットなどは誰が貰っても喜ばれる事が多く、無難な景品として利用されています。

景品としてはラーメンや肉のセットなどのように、出来るだけ好き嫌いが少ないものを選ぶようにしましょう。高級でも、苦手な人が多いものは避けた方が良いでしょう。

 

ご当地銘品店ラーメンシリーズ 6種類12食セット (5,250円)

番外編 「夢」をプレゼント

0633nenmatsu

 

 

 

 

 

最後はランキングには入れませんでしたが、小規模な企画などで使える景品として「宝くじ」をオススメしたいと思います。宝くじは1枚300円と安価で景品として数を揃えやすいのがポイントです。さらに、当たるかどうかはその場では分からないので、盛り上がりを妨げることなく楽しめるのが景品として良い所ですね。

他にも、様々なランキングが見られますので、こういったサイトなどを参考にして景品を決めてみましょう。良い景品を揃える事ができれば、きっと忘年会はもっと楽しいものとなるはずです!幹事の皆さんは大変だと思いますが、是非頑張って下さい!

関連記事

幹事の方は忘年会ではこんなゲームを。簡単で全員が盛り上がれるのがポイント!も参考に。

参加者の方には忘年会の余興で使えるネタはコレだ!2013年版もオススメです。

飲み食いするにあたっては「忘年会シーズンを健康に。飲み方、食べ方で気をつけたいポイント」もチェックして下さい。

忘年会ではこんなゲームを。簡単で全員が盛り上がれるのがポイント!

忘年会忘年会はその年の最後を締めくくる楽しい行事でありたいものです。

一芸披露などで頭を悩ませる新入社員もいるかと思いますが、会の構成を決める幹事もまた同じく頭を悩ませることになります。

そこでここでは、忘年会の幹事の方に使って頂ける、会の余興として使えるゲームを紹介していきたいと思います。「簡単」と「全員が楽しめる」という2つをポイントに、こんなゲームはいかがでしょうか? 「忘年会ではこんなゲームを。簡単で全員が盛り上がれるのがポイント!」の続きを読む…

忘年会の余興で使えるネタはコレだ!2013年版

忘年会そろそろ忘年会のシーズンが近づいて来ました。忘年会はある程度の立場にある人達に取っては楽しいものですが、まだまだ新入社員のような人にとっては手放しに楽しんでばかりもいられません。

その原因が「余興」です。もし忘年会で余興をするように言われたら、どんなネタをするのか、全然考えつかないという人も多いでしょう。

そこでここでは、そんな忘年会に使えるネタを幾つか紹介し、今年の忘年会を乗り切っていただきたいと思います。 「忘年会の余興で使えるネタはコレだ!2013年版」の続きを読む…