肺炎の原因にも?タバコが肺に掛ける負担の大きさ

Sponsored Link


タバコ百害あって一利なしとよく言われるタバコ。愛煙家にとっては耳にたこができる程聞いていて「重々承知で吸ってんだ」と言う人もいらっしゃるでしょう。

ただ、中には「本当はやめたいんだけどなあ」と思いながらタバコを吸い続けている人もいると思います。ここでは肺炎への影響を中心にしながら、タバコが肺に掛ける負担を紹介します。

さらに、効果的な禁煙方法についても紹介していきますので、これを読んで禁煙したくなった人はそちらも参考にして頂ければと思います。


Sponsored Link


タバコが肺に掛ける負担

マイルドセブン

まずはタバコが肺に対して何故負担を掛けるのかを見ていきます。

タバコの害についてことさら肺が取り上げられるのは、有害物質が直接取り込まれるという点にあります。この有害物質は胃や腸なども通過しますが、こちらは一部が排泄されるため、肺に比べるとダメージが蓄積しにくくなります。対して肺は空気を入れ替えるための肺胞が行き止まりで出て行く先がないのでそのまま蓄積してしまうのです。

この有害物質の蓄積によって肺に発生する疾病として最も有名なのは「肺がん」ですが、これ以外に「肺炎」の原因にもなります

ただ、肺炎と一口にいっても色々な種類があり、その全てのリスクを喫煙が高めるわけではありません。主に喫煙によって高まると言われている肺炎は「急性好酸球性肺炎」と「剥離性間質性肺炎」の2つです。

急性好酸球性肺炎は科学的にはっきりとした原因の究明が為されていません。ただ、データ上、禁煙していた人が喫煙を始めた際などに発生することが多いため関与があるとされています。肺炎の中でも重篤な症状になりやすいものです。

剥離性間質性肺炎は肺の機能低下を原因として発生する肺炎です。通常の肺炎が肺胞に発生するものであるのに対し、剥離性間質性肺炎は間質という肺胞と毛細血管の間に発生します。肺における重要機能であるガスの交換が円滑に行えなくなり、呼吸困難や呼吸不全のような命に関わる症状を起こすものです。

逆に喫煙者の方がかかりにくい肺炎もあります。過敏性肺炎といい、粉塵を発生源とする肺炎です。喫煙者は普段から粉塵に近い有害物質を自分から吸い込んでいるために抗体が出来ていて、過敏性肺炎の罹患率が低くなります。

禁煙の方法

禁煙さて、タバコに害があるのは分かっているものの、したくても中々出来ないのが禁煙というものです。そこでここでは、数ある禁煙の方法から効果的なものを幾つか紹介していきます。

まず最も手軽に行えるのが「ニコチンガム」や「ニコチンパッチ」を使う方法です。タバコを吸いたくなった時にこれらを使うことでニコチンの補給を代替し、禁断症状を抑えます。ただ、これを続けていては結局有害であることに違いがないので、重要なのは「タバコを吸う習慣」をなくすことにあります。

より重度のニコチン依存症になっており、これでも治せそうにない場合には病院に掛かりましょう。タバコで病院?と思うかも知れませんが、最近の大学病院は禁煙外来科が置かれている場合が多いのです。

この禁煙外来はまさに禁煙をするための専門であり、ニコチンへの依存度が高い人は利用を考えてみてもいいでしょう。

Sponsored Link


最後までお読み頂きありがとうございます。

今回の記事がお役に立ちましたら以下のボタンからソーシャルメディアで拡散してください!


こちらの関連記事も合わせてどうぞ

コメントを残す