気管支炎の症状は。子供は熱が出たら肺炎に注意

Sponsored Link


風邪大人にとっては大したことがない風邪でも、子供だと悪化してしまうというのは良くあることです。免疫機能がまだ成長していないため、ちょっとした風邪から、より大きな病気へと繋がり安いのです。

ここで見ていく「気管支炎」というのも典型的な「悪化タイプ」の病気です。気管支炎について具体的な症状や、悪化の仕方などについて紹介していきますので、子供が風邪を引いてしまった時の対処法について覚えていってください。


Sponsored Link


気管支炎の主な症状

咳風邪から気管支炎へと悪化したかどうかは、「咳」から判断できます。

気管支炎にかかると通常の風邪よりも激しい咳の症状が出るようになります。さらに咳の質も変わってきます。風邪の咳は乾燥しているのですが、気管支炎は湿り気のある咳になりやすく、咳の質が変わったことで風邪から気管支炎への悪化を判断出来ます。さらに痰も絡みやすくなります。

気管支炎だけなら健康な子供ならそこまで大きな問題にはなりにくいのですが、喘息持ちの場合には注意しましょう。元々弱い気管支がよりダメージを受けるため、より症状が酷くなります。喘息持ちならこの段階でしっかり病院に掛かったほうがいいでしょう。

高熱が出たら肺炎の疑い

肺炎気管支炎の場合には熱が出ることがありますが、この熱は風邪の時の熱と変わらない程度です。問題があるのは、「高熱」が出た時です。

平熱+3,4℃の熱が出た場合には、肺炎を併発している可能性があります。この時にはすぐにでも病院に掛かりましょう。子供の肺炎は最悪の結果をも招きかねない重病ですから、自宅だけで治すことは出来ません。

肺炎を起こすと気管支炎も相まって呼吸が非常に苦しい状態となります。喘息を持っている場合はなおさらで、呼吸困難になってしまうことも少なくありません。特に顔がチアノーゼを起こして紫色になっているようなら、急を要します。この症状は夜間に出やすいので、近くの救急病院を普段からチェックしておきましょう。

気管支炎に掛かることを完全に予防する手段はありません。重要なのは風邪を悪化させないことなので、風邪を引いたという段階において出来るだけ安静にさせ、長引かせないようにしましょう。風邪菌は乾燥した空気で活発化するので、部屋を定期的に換気したり、加湿器を入れたりして空気を新鮮で乾燥していない状態にするのも重要です。

Sponsored Link


最後までお読み頂きありがとうございます。

今回の記事がお役に立ちましたら以下のボタンからソーシャルメディアで拡散してください!


こちらの関連記事も合わせてどうぞ

コメントを残す