ノロウイルスの予防に。食べ物選びで出来るウイルス対策

Sponsored Link


ノロウイルス11月頃から急激に流行の兆しを見せ、翌年の3月近くまで猛威を振るうのが「ノロウイルス」です。ノロウイルスは原因物質であり、私達を苛むのは正確には「ノロウイルス感染症」ということになります。

ノロウイルス感染症は嘔吐や下痢などの症状を引き起こし、非常に苦しい日が2日程続きます。さらに感染力も高いために、この時期についてはインフルエンザ同様仕事などをすることも出来ません。そもそも、それどころではない体調になってしまいます。

ただ、インフルエンザと違ってノロウイルスには「予防接種」というものが存在しません。というのも、ノロウイルスの培養技術がまだないためです。同様に抗生物質もなく、罹患してしまった場合はそれぞれの自然治癒力に任せることになります。

では、諸手を上げて受け入れるしか無いかといえばそうではありません。一部の食品を食べることによって、一定のウイルス予防効果があるとされていますので、ここではそんな食品を紹介していきます。


Sponsored Link


腸の働きを活性化する食品

ヨーグルトまずはヨーグルトや乳酸菌飲料などのように、腸の働きを活性化することが出来る食品が効果があると言われています。

これはノロウイルス感染症によって下痢などが起こることから言われるようになったものです。ただ、ウイルスによる下痢というのは通常の整腸作用を高めることでは対処出来ません。

しかし、実際にこの腸の働きを活性化することで予防するという発想自体は間違っていません。というのも、腸には体全体の免疫機能を司る効果があるため、普段から腸の調子を高めておくことで、免疫能力全体が高まり、ノロウイルスに対する免疫力も高まることが期待できるためです。

代謝を高める食べ物

玉ねぎもう1つ、ウイルス予防に効果があると言われているのが代謝を高める食品です。代謝というのは体全体の働きの良さを示しているもので、生活習慣によって大きく上下する性質を持っています。

例えば玉ねぎやニラ、ニンニクなどの食べ物には硫化アリルという成分が含まれており、代謝を向上させる効果があります。

さらに、うなぎやサツマイモなどに含まれているビタミンEにも代謝向上効果があります。その他、肉類や魚類全般に多く含まれるリジンアルギニンなどのアミノ酸も効果的です。

これらの食品による予防というのは、確実なものではありません。ワクチンがない以上、気休め程度に考えておいたほうが無難です。また、ノロウイルスの対策は食品選びも重要ですが、それ以上にうがい手洗いという基本的な予防法が効果を表すものなので、そっちのほうも徹底しましょう。

Sponsored Link


最後までお読み頂きありがとうございます。

今回の記事がお役に立ちましたら以下のボタンからソーシャルメディアで拡散してください!


こちらの関連記事も合わせてどうぞ

コメントを残す