喪中の範囲は?年賀状喪中のルール

Sponsored Link


喪中「喪中につき新年のご挨拶を失礼します」、そんな表記がされる「喪中はがき」。

受け取ることは多いものの、自分から出す場合にはどのようにすればよいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

そもそも喪中の「範囲」が分からないという人が多いかと思います。「喪中の範囲」というと2つの意味が考えられます。

1つは「時期」の範囲です。親族がいつ亡くなったのかによって、喪中かどうかが違うということについてです。

そしてもう1つは、亡くなった方との続柄が何処までなら喪中になるのか、という「続柄」の範囲です。ここではこの2つの範囲に着目して紹介していきたいと思います。


Sponsored Link


時期の範囲

服喪令喪中の時期については、いくつかの説があります。元々この年賀状お断りの葉書が一般化したのは明治時代でした。そのため、喪中についてもこの時期に存在していた「皇室服喪令」というものがベースとなっています。

 

 

この規定によると、亡くなった方との関係によって喪に服さなければならない期間というのがかなり違っていました。(上図参照)

例えば、夫や子供が亡くなれば喪中は一年ですが、妻が亡くなった時には三ヶ月といった、差があったということです。

現在でも当時の風習に従っている人もいますが、今はほぼ関係に依らず1年を喪中とするのが一般的です。そのため、もし年始に亡くなったとしても、翌年の挨拶はお断りする、ということになります。

続柄の範囲

親等図より判断に困るのが続柄の範囲です。もしも遠い親戚が亡くなった時にはどうするのが良いのか、というのは迷うところなのではないでしょうか。

自分との関係でみて、どこまでは喪に服さなければならないというルールはありません。宗教上でもはっきりとした規定はなく、これだ、という答えを示すことは出来ません

少なくとも一親等以内の方が亡くなった時には喪中になるとして、二等親以上離れている場合については、自分の判断で決めるより他にありません。

重要なのは、「自分との関係はどうだったのか」ということです。もし続柄が叔父や叔母であっても、親しい人だったなら喪中にするのが良いでしょう。反対に顔も良く分からないような人なら、喪中にする必要は無いと言えます。

喪中の挨拶は先方の年賀状の都合もあるので、出来れば12月の初めまでには出しておきましょう。また、喪中は年賀状だけではなく、結婚式や初詣などの慶事にも参加しないというのが普通なので、こちらも合わせて覚えておくと良いでしょう。

喪中の時に寒中見舞いを出す方は「寒中見舞いの送り方。喪中の時の切手選び」も参考に。

Sponsored Link


最後までお読み頂きありがとうございます。

今回の記事がお役に立ちましたら以下のボタンからソーシャルメディアで拡散してください!


こちらの関連記事も合わせてどうぞ

コメントを残す