牡蠣の旬の時期はrの付く月ってどういう意味?

Sponsored Link


牡蠣海のミルク」と呼ばれ、幅広い層に人気を集めているシーフード「牡蠣」。独特の風味があるので好き嫌いが別れる食材でもありますが、嫌いな人の中にも、実際に「美味しい牡蠣」を食べたことがないだけだという人も少なくないと言われています。

牡蠣に限ったことではありませんが、シーフードは鮮度と時期が命です。旬のものかどうかというだけでも味は大きな違いを見せるのです。

そこでここでは、「牡蠣」の旬の時期について紹介していきたいと思います。牡蠣が苦手だという人こそ、この旬のものを一度食べてみて欲しいと思います。


Sponsored Link


牡蠣の旬は「R」の月

カレンダー牡蠣は世界中で食べられているシーフードです。特に北半球ではアメリカやヨーロッパなどでも良く利用されていますが、生食するのはやはり珍しく日本くらいなもの。ただ、それでも旬という概念自体は共通しているようです。

英語圏では牡蠣の旬について「r」の月であるというように言うことがあります。これは英語表記で、rの付く月が牡蠣の旬であるという意味です。

つまり、January(1月)、February(2月)、March(3月)、April(4月)、September(9月)、October(10月)、November(11月)、December(12月)が該当します。

海水温の高い5月から8月にかけては牡蠣が産卵期で体力を使ってしまうために味が落ちるためです。

ただ、日本の場合にはこれよりはもう少し狭くなります。11月から2月くらいが妥当な旬です。というのも、生食をするために気温が高いと悪くなりやすいため、食中毒の危険が伴うためです。

旬に食べたい牡蠣料理

折角なので、旬にこそ食べたい牡蠣料理も紹介していきます。牡蠣のフライなども美味しいですが、折角旬のものを使うので、牡蠣本来の味が楽しめるものが良いでしょう。生食もいいですが、ことさら新鮮なものを入手出来るときにしましょう。

牡蠣のガーリックパスタ牡蠣のガーリックパスタ

作るのも簡単で、牡蠣の味わいをガーリック風味で楽しめるシーフードパスタです。

 

 

牡蠣のオイスターレモン炒め

牡蠣のオイスターレモン炒め

オイスターオイルを使うことでより一層牡蠣の風味を引き出すことが出来ます。さらにレモンを使うことでさっぱりとした口当たりになるのもポイントです。

 

 

これからがまさに牡蠣の旬ですから、こうした料理も含めて色々と作ってみるのは如何でしょうか。牡蠣が好きな人はより好きに、苦手な人も克服できるかもしれません!

Sponsored Link


最後までお読み頂きありがとうございます。

今回の記事がお役に立ちましたら以下のボタンからソーシャルメディアで拡散してください!


こちらの関連記事も合わせてどうぞ

コメントを残す