敬老の日には折り紙を。簡単に出来る折り方講座

Sponsored Link


敬老の日のプレゼントは「これ」というものがなくて困ってしまうものですよね。大人の贈るプレゼントなら、色々なことを考慮してプレゼントを選ばなければならないと思います。ですが、子供がお爺ちゃんお婆ちゃんに贈るプレゼントの場合は、この限りではありません。

やっぱり祖父母に喜ばれるのは孫のプレゼントでしょう。孫が作ったものなら、なんでも喜ぶという人が多いはず。そこでここでは、子供でも比較的簡単に作れて、見栄えも良い敬老の日のプレゼントとして、折り紙を紹介していきたいと思います。

リボン

このリボンは、他にも贈り物がある場合にはベストマッチといえるでしょう。ただでさえうれしいプレゼントに、さらに手作りの装飾があれば喜びは相乗効果となってくれるはずです。

途中でハサミを入れる必要があるので、一緒に切り方を考えてみると良いかもしれません。切り方次第では、オリジナルのリボンを作る事もできるでしょう。

紅白鶴

普通の折り鶴でもお祝い事には良いのですが、せっかくなのでちょっと手を加えてより縁起をよくしてみましょう。折り紙を半分にして作る関係でどうしても小さくなってしまうので、適宜大きめの折り紙を用意すると良いと思います。

お子さんの手なら、細かい作業にも向いているはず。いっそもっと小さいものを作ってみるのも面白いかもしれませんね。

折り紙は決まった手順さえ守れば、ちゃんと形になるのが魅力の一つ。不器用でも不器用なりに頑張って作れば、きっとお爺ちゃんお婆ちゃんも喜んでくれるでしょう。

Sponsored Link


最後までお読み頂きありがとうございます。

今回の記事がお役に立ちましたら以下のボタンからソーシャルメディアで拡散してください!


こちらの関連記事も合わせてどうぞ

コメントを残す