京都で紅葉を見るならやっぱりこのお寺!ベストシーズンも一緒にチェック!

Sponsored Link


オータムリーブ日本の歴史と伝統が詰まった場所といえば京都。京都府内には数多くの歴史あるお寺があります。

これらのお寺は多くが自然の中に配されているということもあり、秋になると色づき始める木々がこの景色をより美しく映えさせてくれます。

そこでここでは、京都で紅葉を楽しむことが出来る「お寺」をピックアップ、それぞれのスポットのベストシーズンをチェックしていきたいと思います。


Sponsored Link


赤と黄と金色の映る水面。「鹿苑寺」

鹿苑寺まずは数ある京都のお寺のなかでも、ここほど特徴あるお寺はないでしょう。「鹿苑寺」、通称するところの「金閣寺」について紹介していきたいと思います。

金閣寺は周囲を山に囲まれている立地であることもあって、紅葉のシーズンには一面が赤と黄色に染まる、素晴らしい紅葉スポットの一つなのです。

大体11月上旬頃から色づき始め11月中旬から12月上旬に掛けてピークを迎えます。街の中心からはかなり離れた場所にありますので、観光に行く場合にはしっかり行き方のプラニングをしておきましょう。

風流と侘び寂びの代名詞。「慈照寺」

銀閣寺

もう一つは東山文化の代表であり、日本の「侘び寂び」をこれでもかと言うほどに体現した「慈照寺」、通称するところの「銀閣寺」について見ていきたいと思います。

銀閣寺は金閣寺と違ってきらびやかな建物ではなく、建物そのものは地味ではありますが、これが逆に紅葉の美しさを際立たせる、自然そのものに四季の楽しみ方を見出すのが銀閣寺のスタイルです。

こちらの紅葉も色づき始めは11月中旬頃ですが、ピークは金閣寺に比べると少し短く、11月下旬頃までに見ておきたい所です。

この他にも、永観堂や比叡山延暦寺など、数多くの紅葉のお寺が京都には点在しています。ただ、それぞれの場所が離れているため、何箇所も回るのではなく、どこか一箇所・二箇所くらいをじっくり楽しむ、という方が京都の紅葉観光には適していそうです。

 

日本全体の紅葉前線情報はこちら

京都の各所の紅葉情報はこちら

京都での紅葉の見頃についてはこちら

日光の紅葉の見頃についてはこちら

高尾山の紅葉シーズンの混雑についてはこちら

Sponsored Link


最後までお読み頂きありがとうございます。

今回の記事がお役に立ちましたら以下のボタンからソーシャルメディアで拡散してください!


こちらの関連記事も合わせてどうぞ

コメントを残す