京都の紅葉の見頃はいつ頃?

Sponsored Link


紅葉嵐山や金閣寺など、数多くの観光スポットがある京都、これらのスポットは四季折々の景色を楽しむことが出来ますが、中でも素晴らしい美しさを発揮するのが「紅葉」のシーズンでしょう。

赤と黄色のコントラストが彩る京都の景色を楽しみたいなら、今年はいつ頃訪ねると良いのでしょうか?京都の紅葉の見頃を見ていきたいと思います。


Sponsored Link


紅葉前線異状なし

今年は酷暑や大雨などの異常気象が目立ち、紅葉についてもそのシーズンが心配されていました。しかし、実際に紅葉のシーズンに入り始めてみると、例年より少し早いぐらいで大きな違いはなく、昨年度とあまり変わらず紅葉を楽しめる見通しです。

では、京都の紅葉はというと、10月下旬から11月上旬に掛けて色づき始めると見られています。ピークとなるのは11月の中旬以降から12月といった所ですから、この中で紅葉を見るプランを立てていくといいでしょう。

京都市内で楽しめる紅葉スポット、「宝ヶ池公園」

宝が池公園京都の名だたる紅葉スポットに比べると多少メジャー度においては劣るものの、負けず劣らず綺麗な紅葉を見ることが出来るのが、「宝ヶ池公園」です。

こちらの公園は京都市内にあるため交通の便もよく、訪ねやすい立地というのも一つのアドバンテージ。忙しくて本格的な観光スポットに行くのは難しいという人でも、合間で十分見に来る事ができるでしょう。

宝ヶ池からは比叡山を望むことも出来、下からの紅葉を楽しめます。この写真はまだ色づき始めのシーズンですが、ピークシーズンになると一面の赤と黄色が池に映り込み、素晴らしいコントラストを作ってくれる、そんな隠れた名所となっています。

 
日本全体の紅葉前線情報はこちら

京都の各所の紅葉情報はこちら

京都のお寺の紅葉についてはこちら

日光の紅葉の見頃についてはこちら

高尾山の紅葉シーズンの混雑についてはこちら

Sponsored Link


最後までお読み頂きありがとうございます。

今回の記事がお役に立ちましたら以下のボタンからソーシャルメディアで拡散してください!


こちらの関連記事も合わせてどうぞ

コメントを残す