海鮮鍋を美味しく食べる。だしの作り方の鉄則は?

Sponsored Link


海鮮鍋冬が近づき、だんだんと寒い季節となってきました。そんな寒い季節に愛される料理といえば、やっぱりお鍋ですよね。

中でも旬の食材を使った海鮮鍋というのは非常に美味しいもので、冬の間に何度も食べたくなってしまいます。

そこでここでは、そんな海鮮鍋を美味しく食べるための「だしの作り方」の鉄則を紹介していきます。せっかくのお鍋ですから、より美味しく頂いてみましょう!


Sponsored Link


良い素材を使っている時のだし

高級鍋具材まずは、素材となる海鮮の具が高級だったり、旬だったりとかなり良いものを使っている時のダシについて見ていきたいと思います。

こうした具材を使った海鮮鍋の鉄則は、「素材を生かす薄味レシピ」に限るでしょう!なんといっても、海鮮そのものが良いものなわけですから、やたらと濃い味にして良さを潰してしまうのは勿体無いですよね。

例えば、いりこや昆布を使ったスタンダードなだしを少し薄めに使うぐらいでも十分です。塩を軽くと、薄口醤油などで香りづけすると、より素材の美味しさを活かすことが出来るでしょう。

素材が「そうでもない」時のだし

豆乳鍋海鮮鍋をするにしても、いつだって高級で質の良い句材を揃えられるわけじゃありません。時には旬を過ぎた素材だったり、安めの素材だったりを使う、「そうでもない」時というのがあるでしょう。

そんな時には、高級素材の時のように薄味で素材の味に頼るのはちょっと心もとないですよね。なら、だしも濃い目に調節すると、より美味しくいただくことが出来ます。

辛いのが得意だというなら、キムチ鍋のような形にすると良いでしょう。辛さというのは魚の生臭さのようなクセを消してくれますので、相まって美味しくいただくことが出来ます。

辛いのが苦手だなー、という人は豆乳鍋なども良いチョイス。豆乳鍋は想像以上にコクがあって、魚との相性も良いものです。サバのように、魚自体のクセが強い場合にも適しています。

こうしただしについては、手作りするだけでなく、市販の素を使っても十分楽しむことが出来ます。自分なりの鍋の楽しみ方を見つけられると、ベストですね!

Sponsored Link


最後までお読み頂きありがとうございます。

今回の記事がお役に立ちましたら以下のボタンからソーシャルメディアで拡散してください!


こちらの関連記事も合わせてどうぞ

コメントを残す