新しいシステム手帳、おすすめのサイズはどのくらい?

Sponsored Link


システム手帳ちょっと気が早いかもしれませんが、そろそろ新年の準備をしなければならないシーズンが近づいています。

年ごとに準備しなければならないものはいくつかありますが、その中でもビジネスマン必携の一品といえば、システム手帳ですよね。

さて、そんなシステム手帳、購入するならどんなサイズのものがいいのでしょうか?


Sponsored Link


書き込み量が確保したいなら。A5・B6サイズ

当然といえば当然ですが、システム手帳の使い方というのは人によって違っています。ビジネスに使う人もいらっしゃれば、プライベートに使う方もいらっしゃるでしょう。書き込む内容だって人によって違うわけですし、必要な物も変わってきますので、一概に良いものというのはありません。

主に、書き込み量が比較的多めであり、日毎のスペースを大きめに確保したいのであれば、A5サイズ、ないしはB6サイズを採用するのがいいでしょう。

A5サイズはA4の半分のサイズで、システム手帳の規格の中では最も大きいものです。書き込める量が最も多い反面で、手帳自体が大きくなるため携行性には優れていません。

B6サイズは単行本に近いサイズとなります。A5サイズよりも小さいものの、それでも十分な書き込み量を確保することが出来るサイズとなっています。大きめのポケットなら入れることが出来ますから、携行性も向上するでしょう。

ダヴィンチA5A5システム手帳 ダ・ヴィンチ

A5のシステム手帳としては非常にスタンダードで使いやすい一品です。見ためとしてもシックで高級な雰囲気であり、機能性にも優れています。

 

 

システム手帳B6B6システム手帳 B-TAOオーガナイザー

B6型のシステム手帳です。手帳としてだけではなく、筆入れが付属しており、利便性に非常に優れた一品となっています。

値段は多少高めですが、バインダー式なので中身を買い換えればかなり長い間使用することが出来るでしょう。

 

携行性を重視する方に。ミニ6穴・ミニミニ5穴

A5とB6が書き込み量を重視するタイプなら、こちらのミニ6穴とミニミニ5穴はともかく携行性の高さを重視するタイプです。

書き込める量は多くなく、機能性としてもそこまで高くはないものの、ポケットに入るサイズとなっているため常に持ち歩くことが出来るのがポイントですね。

ミニ5穴ミニ5穴チェイスタイプ

小型でシンプルなシステム手帳です。小さいものの、カバー部分にはペンなどを入れるスペースが確保されており、機能性の面もそこまで悪くありません。

 

 

年が変わる際にシステム手帳も変えて、気分を一新してみるのも良いかもしれませんよ。

Sponsored Link


最後までお読み頂きありがとうございます。

今回の記事がお役に立ちましたら以下のボタンからソーシャルメディアで拡散してください!


こちらの関連記事も合わせてどうぞ

コメントを残す