床暖房はどれがいいの?種類毎に比較検証!

Sponsored Link


床暖房冬が近づいてくると気になるのがやっぱり暖房機器ですよね。

エアコンなどの暖房もいいのですが、どうしても電気代が高くなってしまうという問題があって、稼働させにくいという人もいらっしゃるでしょう。

そこで、部屋全体を温めるのではなく、床を温めることで暖を取る床暖房について、種類別に性能や燃費などの面を比較していきたいと思います。


Sponsored Link


電熱式床暖房

電熱床暖まず大前提としてですが、床暖房は大きく2つの種類に分ける事ができます。1つはこの電熱式床暖房です。

電熱式床暖房は名前の通り電気を使って直接金属などを熱し、それをそのまま暖房として利用するものです。全体の特徴として、急熱性が高いため、迅速に温めることが出来ます

また、設置自体にかかるコストが割安であり、新築時でなくとも後付で工事をするのも比較的簡単だというのがメリットとなっています。

また、電熱式のなかにも幾つかの種類があります。熱線式、カーボン式、PTCヒーター、蓄熱式電気ヒーターといった種類となります。

熱線式とカーボン式は熱するものが違うだけで、システムとして大きな違いはありません。PTCヒーターは無駄に加熱しないシステムとなっていて、蓄熱式は夜間電力を用いて電気の節約をすることが出来るようになっています。

いずれのシステムも、「一部屋」を温めることに特化しており、家全体を温めるのにはあまり向いていません。

温水式床暖房

温水式床暖房のもう1つの大区分は、温水式です。画像だと少し分かりにくいのですが、全体に通っているのが電熱線ではなく、温水を通すパイプとなっています。

このタイプはまず何かしらのシステムによって水を熱し、それをパイプ内に通すことによって床を温めるシステムとなっています。

温水式の特徴としては、電熱式と違い通っているパイプ自体に違いがあるのではなく、水を温めるシステム部分に違いがあることです。そのため、電気式に比べてはるかに多くの分類があります。ここでは代表的なものを抜粋して紹介します。

電気で水を沸かすタイプとしては、ヒートポンプ式というのが一般的です。これは、大気中の熱を利用して加熱を行うもので、電気の節約を行いながらヒーティングが可能です。

ガスを利用したものとしては、エコウイル型というのがあります。これはガスエンジン発電によってお湯を熱します。もし、床暖房を使わず電力が余った場合、電力会社に買い取ってもらう事もできます。

また、これらを組み合わせたハイブリッド型も存在しており、より効率の良い発熱が可能となっています。

温水式は、大掛かりなものとなるため家全体に引く場合については総合的にローコストとなります。ただ、単品におけるコストはこちらの方が高くなるでしょう。ランニングコストについては、ヒーティングタイプによって大きく違っています。

このように、電気式と温水式では適している環境が違っているため、一概にどちらが良いということは出来ません。いずれのシステムが自分の求めるものにあっているのか、考えてみましょう。

Sponsored Link


最後までお読み頂きありがとうございます。

今回の記事がお役に立ちましたら以下のボタンからソーシャルメディアで拡散してください!


こちらの関連記事も合わせてどうぞ

コメントを残す