神宮外苑花火大会2014、日程と座席のオススメを紹介!

Sponsored Link


ダウンロード (26)隅田川花火大会と東京湾大華火祭と並ぶ東京三大花火大会の一つ、「神宮外苑花火大会」。毎年8月に明治神宮外苑で行われ、18万人もの人が訪れる大花火大会です。

そこでここではこの神宮外苑花火大会について、2014年の日程と、座席を取るならドコが良いのか?ということを紹介していきたいと思います。


Sponsored Link


神宮外苑花火大会の2014年の日程は?

神宮外苑花火大会は毎年決まった日時で開催されるわけではないので、事前に開催日をチェックしておく必要があります。今年2014年の開催は8月16日(土)です。開始時間などの細かい時間についてはまだ公開されていないので、開催付近になったら情報をチェックするようにしましょう。(昨年は19時30分~20時30分でした)

特に各会場ではアーティストが訪れてのイベントが例年開催されていますので、その辺りも合わせてチェックするといいですね!

神宮外苑花火大会、どこの席を取るのが良い?

では、神宮外苑花火大会について、どこの席のチケットを取るのが良いのか、ということを紹介していきたいと思います。神宮外苑花火大会には5つの会場があり、それぞれ違った楽しみ方が出来ます。

神宮球場会場

球場会場神宮球場会場は外苑から南西側の会場です。16時開場。毎年アーティストによるイベントも開催されます。

シートはアリーナ・スタンドが5500円、Ponta協賛のペアシートが30000円、4人席が60000円、5人席が75000円です。

 

 

 

国立競技場会場

2014年は国立競技場が改装のため使えないため、こちらの座席はありません。

 

秩父宮ラグビー場会場

ラグビー場秩父宮ラグビー場会場は外苑のちょうど南に位置する会場です。16時開場アーティストによるイベントも開催されます。

座席はS席4000円、自由席2000円です。下記の軟式球場会場と並んで最もリーズナブルなので安く楽しめるというのがメリットです。

 

 

 

軟式球場会場

軟式球場軟式球場会場は外苑から南の会場です。15時開場アーティストによるイベントも開催されます。

座席は自由席2000円、指定席4000円です。

開場時間が早いので、比較的混雑を避けやすいというのもメリットとなっています。

 

絵画館前ロイヤルガーデン

絵画館前絵画館前ロイヤルガーデンは外苑のすぐ南に位置する会場です。17時開場。アーティストによるイベントはありません。

座席はロイヤルシート7000円(ドリンク付き)、ハワイアンロイヤルシートペア席50000円(ドリンク付き)です。

イベントこそないものの、花火自体は他の会場より近い位置で見ることが出来ます。また、席もハワイアンな雰囲気を感じられるものとなっており、非常に広々とした中で花火や食事を楽しむことができるようになっています。

花火はそれ自体を楽しむものであるのと同時に、「雰囲気」を楽しむものでもあります。ただ、いずれの座席にしても毎年すぐに完売してしまうので、チケットぴあなどはこまめにチェックするようにしましょう!

Sponsored Link


最後までお読み頂きありがとうございます。

今回の記事がお役に立ちましたら以下のボタンからソーシャルメディアで拡散してください!


こちらの関連記事も合わせてどうぞ

コメントを残す