隅田川花火大会2014、スカイツリーとのコラボがオススメ!

Sponsored Link


42b8badaaa2214546286160511151980夜空を飾る大輪の花火は日本の夏の風物詩です。7月、8月には全国各地で花火大会が行なわれ、多くの人が夜空を眺めることでしょう。

そんな花火大会のなかでも、日本最大級のものが「隅田川花火大会」です。東京湾大華火祭や神宮寺外苑花火大会と並ぶ東京三大花火大会の一つであるこの花火大会は、実は江戸時代の飢饉での死者に対する慰霊として始まりました。暴れん坊将軍でお馴染みの八代将軍吉宗によって始められたのがルーツとなっています。(吉宗は倹約経済の人なので、少し意外かもしれませんね)

さて、そこでここではそんな「隅田川花火大会」の2014年の日程に加えて、新しい楽しみ方の一つとして「スカイツリー」とのコラボレーションについて紹介していきたいと思います。


Sponsored Link


隅田川花火大会、2014年の日程

ではまずは、隅田川花火大会の2014年の日程について紹介していきます。2014年の第三十七回隅田川花火大会は、7月26日(土)に開催されます。夏真っ盛りのシーズンということもあり、今年も沢山の人が来場することが考えられます。

この隅田川花火大会は都心で行なわれるという性格から、落ち着いて座ってみる場所と言うのは存在しません。歩きながら見る、というのが基本のスタイルとなります。隅田公園などで見るという人も多いかと思いますが、ビニールシートなどを敷いて座り込むのは迷惑行為となるため、事前に考えておきましょう。花火といえば浴衣ですが、足元だけは歩き慣れた靴にしたり、いざという時のために変えの履物を持っていくといった準備をオススメします。

スカイツリーとのコラボレーション

さて、ここからが本題。隅田川花火大会の新しい楽しみ方として、スカイツリーと一緒に楽しむ方法を紹介していきたいと思います。

花火大会周辺地図花火大会第一会場とスカイツリーとはこのような位置関係となっています。そのため、この2つが同時に見られる場所から見れば、花火とスカイツリーを同時に楽しむことができるわけです。

花火側を手前にすると、上野・鶯谷方面となります。スカイツリー側を手前にすると、亀戸方面です。公園などもいくつかあるのですが、例年隅田川花火大会に合わせて公園利用は規制されてしまうので、やはり一箇所に留まってみるのは難しいです。ただ、花火とスカイツリーを一挙に楽しめる、夜空のコントラストが魅力的です。

まだスカイツリーを見ていないという人は、是非この機会に一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link


最後までお読み頂きありがとうございます。

今回の記事がお役に立ちましたら以下のボタンからソーシャルメディアで拡散してください!


こちらの関連記事も合わせてどうぞ

コメントを残す