入谷朝顔市、2014年の日程は?買ったものはどう育てれば良い?

Sponsored Link


S__02DSC_3342E69C9DE9A194E5B882-214c2毎年入谷の入谷鬼子母神を奉る真源寺を中心に開催される「入谷朝顔市」。朝顔まつりと呼ばれることも多いですが、実は歴史を辿ると江戸時代までさかのぼる事ができます。

実は朝顔が観賞用として育てられるようになったのが江戸時代からのことで、入谷はその育成で有名な場所でした。しかし、大政奉還の後に日本が対外戦争へと向かう時勢の中で朝顔産業はしぼみ、ついに大正二年に入谷から朝顔育成業者は姿を消すことになります。

そして戦後、再び復興の道を歩む日本を元気づけるため、昭和25年から始められたのがこの「入谷朝顔市」です。さて、そんな歴史深い入谷朝顔市について、ここでは2014年の日程や、実際に購入した朝顔をどう育てれば良いのかを紹介していきます。


Sponsored Link


入谷朝顔市の日程とアクセス

入谷朝顔市は毎年7月6日、7日、8日の3日間に行なわれます。2014年の場合には6日(日)、7日(月)、8日(火)となります。最も人の入りが考えられるのが日曜日の6日なので、お祭りとしての賑いを楽しみたいなら6日、比較的ゆっくりと見て回りたいなら7日・8日が良いでしょう。

朝顔市アクセス入谷朝顔市は言問通りの昭和通りとの交差付近のエリアで開催されます。

JR鶯谷駅から徒歩3分程、東京メトロ入谷駅から徒歩1分程の距離ですので、アクセスし易い立地となっています。

 

買った朝顔の育て方

では、実際に気に入った朝顔を購入したら、どう育てていけば良いのかを紹介していきたいと思います。1から育てる場合は気を使わなければならないこともあるのですが、朝顔市ではすでにある程度育った状態で販売されていますので、その後の育成は簡単です。

4128845まず一つ目のポイントは、しっかり日に当てることです。実は朝顔というのは元々南の方の植物なので、日光がとても重要になっています。また、寒さにはとても弱いので注意しましょう。特に今年は冷夏の予想ですので、冷えすぎないように配慮してあげる必要があります。

もう一つのポイントは、しっかり水やりをすることです。土の表面が白くなってきたら、しっかり水をやるようにしましょう。真夏は暑い時間ではなく涼しい時間に水をやるとより良いでしょう。

肥料については朝顔市で購入したものは最初から土に練りこまれているので、自分で特に用意する必要はありません。腐葉土や水肥などを用意しても良いですが、必須ではありません。

朝顔は一年草ですので、どれだけ頑張っても冬を越すことはできません。多くが11月・12月に枯れてしまうことでしょう。自家受粉させれば種が出来ますので、来年はイチから育ててみるのも良いですし、また朝顔市で買ってきてもいいですね。

小学生の頃の観察日記でくらいしか朝顔を育てたことがないという人も多いかと思いますが、大人になってから育ててみるのも楽しいものです。もちろん、お子さんと一緒に育てるのもいいですね。

Sponsored Link


最後までお読み頂きありがとうございます。

今回の記事がお役に立ちましたら以下のボタンからソーシャルメディアで拡散してください!


こちらの関連記事も合わせてどうぞ

コメントを残す