博多祇園山笠、日程・アクセス・見所を紹介!

Sponsored Link


yamakasa2博多祇園山笠は、福岡市博多区で開催される700年以上もの長い歴史を持つお祭りです。櫛田神社に祀られている素盞鳴尊(スサノオノミコト=日本神話においてヤマタノオロチを退治した神)に奉納するお祭りとして行なわれてきました。

豪快な山笠(山車)が特に有名なこのお祭の、日程やアクセス、見所などを紹介していきたいと思います。


Sponsored Link


博多祇園山笠の日程

博多祇園山笠は曜日などに左右されず、毎年決まった日程で行われます。期間は7月1日~7月15日で、それぞれの日に行なわれることも決まっています。ここでは、順を追って紹介していきます。

  • 7月1日 注連下ろし(山笠の区域を清める) ご神入れ(山笠に神を招き入れる) 当番町お汐井取り(当番になった町の人達が箱崎浜から真砂を持ってくる)
  • 7月9日 全流お汐井取り(それぞれの町の人達が箱崎浜に真砂を取りに行き安全祈願を行なう)
  • 7月10日 流舁き(舁き山笠がそれぞれの流区を回る)
  • 7月11日 朝山笠(町総代や旧役員への挨拶) 他流舁き(流区の外への山笠舁き)
  • 7月12日 追山笠慣らし(追山笠のリハーサル)
  • 7月13日 集団山見せ(明治通りに各山笠が集合する)
  • 7月14日 流舁き(流区内の山笠舁き)
  • 7月15日 追山笠(櫛田神社向けて山笠を舁く)

これが毎年行なわれている博多祇園山笠の日程です。基本的に山笠を舁くのは男性のみですが、例外的に小学4年生未満の女子も子供山笠に加わっても良いとされていることもあります。(流区による)

博多祇園山笠の見所

では次に、先ほどの日程から「これを見ておきたい!」という見所を紹介します。是非見たいのは「集団山見せ」と「追山笠」の2つです。

OSK201307040084集団山見せは全ての流区の山笠が集結する、壮観さが魅力です。尋常ではない人の数は、祇園博多山笠がいかに多くの人によって行なわれているのかを感じさせてくれることでしょう。

7月13日 午後3時30分~ 明治通り(大博通り~市役所)

 

 

img_course2013_3追山笠は、まさにこの博多祇園山笠の本番です。まず、恵比須流・土居流・大黒流・東流・中洲流・西流・千代流という七つの流区がそれぞれ自分達の山笠を櫛田神社へと舁き入れます。その後、今度は町のコースを舁き廻ります。

櫛田入れ・コース共にタイムが計測されており、順番に舁き入れるものの、どの流れが最も勢いがあったのかということが分かるため、皆が懸命になって参加するというのも魅力の一つです。

7月15日 午前4時59分~ 櫛田神社~昭和通り

(2013年の追山笠の様子)

アクセス

では、最後に博多祇園山笠見学へのアクセスについて紹介していきます。抑えておきたいのは集団山見せの「明治通り」と、追山笠の「櫛田神社」へのアクセスです。

祇園博多山笠アクセス明治通りへは、地下鉄中洲川端駅か呉服町駅からのアクセスが便利です。ほぼ直進なので目的地が分かりやすいでしょう。

櫛田神社へは地下鉄祇園駅からのアクセスが最寄りです。

 

 

博多祇園山笠は他ではなかなか見られない、迫力あるお祭りです。スケジュールをしっかり組んで、是非見に行ってみてください!

Sponsored Link


最後までお読み頂きありがとうございます。

今回の記事がお役に立ちましたら以下のボタンからソーシャルメディアで拡散してください!


こちらの関連記事も合わせてどうぞ

コメントを残す