ワキ汗の原因は?女性はどう抑えれば良い?

Sponsored Link


春や夏になり気温が上がってくると気になることとして「ワキ汗」があります。ワキ汗は服に染みを作ってしまったり、匂いが気になるなど気になり始めるとキリがありません。

特に”自分はワキ汗をかきやすい”と感じている人もいらっしゃるのではないでしょうか。では、何故そんなにワキ汗をかいてしまうのか?その原因についてまずは簡単に紹介していきます。

その後でそれぞれの原因毎の対処法についても紹介します。ここでは、特に女性が出来る方法を中心にしています。


Sponsored Link


ワキ汗にも原因は色々

ワキ汗をかいてしまうという結果は同じでも、原因は色々なものが考えられます。そこでここでは、まずどのようなワキ汗の原因があるのかを簡単に紹介していきます。ワキ汗の原因としては、次のようなカテゴライズをすることが出来ます。

  • 体質原因
  • 肥満原因
  • ホルモンバランス原因
  • 精神的原因
  • 病理的原因

これらがワキ汗を特に多くかいてしまう原因だと言えます。場合によっては原因が複合していることもあり、より症状が悪化することもあります。

体質原因の発汗は、食生活などによって引き起こされています。ワキ汗の臭いについては遺伝的要素がありますが、発汗量自体については遺伝しているかは分かっていません。特に辛いものやしょっぱいものなど、味の濃いものを好んで食べる人は多汗になりやすいとされています。

肥満原因の発汗は、肥満により代謝が著しく良い状態になっているのが原因です。肥満状態になっているとその分体はエネルギーを消耗するため、汗をかきやすくなります。熱が篭もりやすくコントロールしにくいというのも原因の一つです。

ホルモンバランス原因の発汗は、いわゆる更年期障害によるものとなります。40代後半から50代に掛けての更年期になると、閉経に伴いホルモンバランスが大きく崩れます。その際には様々な症状が発生し、多汗もその一つです。

精神的原因は、一概にその原因を特定できません。発汗はストレスが強い時に多くなるため、人それぞれ精神的にストレスを感じる時にはワキ汗もかきやすくなります。さらに、これによって「汗をかいてしまっている」ことを気にしすぎることがストレスとなり、悪循環を招くこともあります。

病理的原因としては、バセドウ病などが発汗を引き起こす病気として知られています。男性よりも女性の方が圧倒的に罹患者が多いので、発汗だけではなく手の震えや集中力の低下などを感じた時には病院にかかるようにしましょう。

原因ごとの抑え方は?

さて、原因についてざっと見てきましたが、それぞれどうやってワキ汗を抑えれば良いでしょうか?ホルモンバランス原因と病理的原因については病院にかかって頂く他ありませんが、他はある程度自分でも対応することができます。

daizu

その方法は「食べ物」を使う方法です。発汗は男性ホルモンが優勢になっている時に起こりやすいので、女性ホルモンが摂取できる食べ物を多く摂取することである程度抑えるかことが可能になります。

例えば大豆やシソ、アボカドなどは女性ホルモンを多く含んでいるため、制汗効果が期待できます。

 

 

4160jLfNYbL._AA300_

とはいえ、すぐにでも対処したいという時には食事療法は適していません。より即効性のある方法としては、やはり制汗剤や制汗パットなどを使うのが良いでしょう。

制汗剤としてはデオナチュレのソフトストーンWが効果が高いと評判です。

制汗パットはノースリーブでは使えませんが、ワキが隠れている服なら特に高い効果が期待できます。あせワキパットはシリーズも多く、ニーズにあったものを探しやすいので良いでしょう。

ワキ汗のことが気になりすぎて、他のことが楽しめないのではせっかくの春夏が勿体無いものになってしまいます。身も心も自由になれるように、自分にあった制汗方法を考えてみるようにして下さい!

多汗は漢方で治る?効果的な漢方は黄連解毒湯!でも抑え方を紹介しているので、合わせてお読み頂きたいと思います。

Sponsored Link


最後までお読み頂きありがとうございます。

今回の記事がお役に立ちましたら以下のボタンからソーシャルメディアで拡散してください!


こちらの関連記事も合わせてどうぞ

コメントを残す