神社の結婚式の費用は?教会でするのと比べると高い?安い?

Sponsored Link


kibitu_f16ウェディングドレスの人気から、教会式の結婚式というのが主流になりつつあるなかで、根強い人気を誇っているのが神社で行う神前式の結婚式です。

和風な雰囲気のなかで執り行われる雰囲気というのは、教会式とはまた違った趣きがあり、多くの人の支持を集めていると言えます。

そこでここでは、神社での結婚式について、費用面からフォーカスしていきたいと思います。果たして、必要な費用は教会式の結婚式と比べてどうなのでしょうか?


Sponsored Link


神前式の必要費用は?

まずは、神社で結婚式を行う時に必要となる費用についてリストアップしていきたいと思います。一般的な費用も添えておくので、予算編成の参考として下さい。

  • 初穂料:5~20万円
  • 衣装代:20万円前後
  • カメラマン代:4万円前後
  • 移動費:神社によりけり

これぐらいが神社での結婚式の費用の目安となります。初穂料というのは挙式代金のことで、神社によって設定金額に開きがあります。平安神宮のような大型の神社だと高くなりやすく、地域神社だと安くなる場合が多いようです。

shinzenshiki_couple衣装については白無垢のレンタル費用と、和装用のかつらの費用が必要となります。かつらについては、地毛で仕立てられる場合には必要ありませんから、ある程度節約することができます。

カメラマンについては少し注意が必要です。神社によっては提携しているカメラマン以外の撮影が制限されている場合もあるので、依頼しないとせっかくの式の写真が残らないということもあります。

移動費というのは、ゲストの方に来てもらうための送迎車の代金です。神社によっては交通の便が悪く、アクセスしにくいことがあるので、そういった場合には車を手配すると良いでしょう。

教会式と比較すると?

02x03では、神前式は教会式と比べて安上がりなのでしょうか?実は、基本的な部分からして、前式は教会式よりも費用がかからない仕組みになっています。

というのも、教会式は新郎新婦が招待客を呼んで行い、披露宴を一緒に行うのが一般的です。対して神前式は親族のみで式を行い、披露宴のようなものは行なわないことが多いためです。挙式自体よりも披露宴の方がお金がかかる要素が多いので、かかる費用は神前式の方が明らかに安くなります

もし教会式で披露宴を行わないとしても、和装よりドレスの方が費用がかかるため、こちらも教会式の方が割高になります。神社で行う神前式の結婚式は、割安な式だと言えるでしょう。

結婚当初は、新生活のための費用や新婚旅行の費用など、どうしても入り用が多い時期です。教会での結婚式に強いこだわりがないなら、費用削減のことを考えて神前式にするのも一つの方法だといえるでしょう。

関連
結婚予算をお考えの方へ
結婚式費用は内訳で考えよう!予算の組み方が結婚生活も左右する!?

Sponsored Link


最後までお読み頂きありがとうございます。

今回の記事がお役に立ちましたら以下のボタンからソーシャルメディアで拡散してください!


こちらの関連記事も合わせてどうぞ

コメントを残す