結婚式費用は内訳で考えよう!予算の組み方が結婚生活も左右する!?

Sponsored Link


chapel-love結婚は「ゴールイン」というように呼ばれることもあります。確かに独身時代、という観点からするとゴールではあるのですが、実際には結婚生活のスタートであることを考えるべきでしょう。

そこでここでは、多くの夫婦について最初に考えなければならない事でもある「結婚式」について考えていきたいと思います。結婚式に対する考えかたというのは、性別は勿論、人それぞれ違っています。夫婦間でも、完全に一致していることは多くないでしょう。

そのため、結婚式の費用でもめてしまうことも少なくありません。そこでここでは、結婚式費用について内訳から考えることをおすすめしたいと思います。


Sponsored Link


結婚式に必要な費用にはどんなものがある?

ではまず、結婚式を行う場合に必要となる費用について、どんな内訳があるのかをリストアップしていきたいと思います。※()は平均的な必要金額です。

  • 挙式費用(23.5万円)
  • 料理費用(124.2万円)
  • 衣装代(61.2万円)
  • 引き出物料(35.1万円)
  • ブーケ代(4.8万円)
  • 装花代金(17.5万円)
  • スタジオ料(14.5万円)
  • スナップ料(22.0万円)
  • ビデオ料(17.4万円)
  • 演出料(7.0万円)
  • 司会依頼料(6.4万円)
  • エステ代(8.8万円)

これらが、一般的な結婚式で必要となる費用となります。ここでは教会式をベースとしていますので、神前式の場合にはブーケなどは必要なくなりますので、多少安く済む場合が多いでしょう。

この費用内訳のなかでも、特に大きな費用が必要となるのが「料理費用」と「衣装代」の二つです。式そのもののに必要である挙式費用というのは実はそれほど高くはありません。

料理費用については、招待客一人につき2万円弱程かかるというのが一般的です。合計100人呼べば200万円弱ということになりますから、かなり大きなお金が必要となるでしょう。その分祝儀も大きくなるのが一般的ですが、祝儀は一人ひとりの額が決まっているわけではありません。最初からアテにして結婚式費用を考えるべきではないでしょう。

home_mv_main_img_4衣装代では、特に新婦の衣装であるウェディングドレスがお金が掛かります。レンタルであっても40万から50万かかることが多いと言われています。

結婚式費用は、新郎新婦で相談して、双方が納得する妥協点を見つけることが重要になります。その際には全体にかける費用から考えるのではなく、内訳ごとに必要な費用を見て、少しづつすり合わせていくのが良いでしょう。

例えば料理のグレードを調節したり、撮影系をプロに頼まず、親類で行うようにすることで費用の節約を行なうことが出来ます。中には、結婚式に対して子供の頃からの夢がある人もいらっしゃるかもしれません。ただ、結婚式というのはその後の夫婦生活のスタート地点です。この時点で、互いに譲歩と妥協が出来ないのであれば、長続きは期待できません。

お互いがお互いの気持ちを推し量って、費用を調節するのが結婚式を考える上で重要になります。費用相場に関するページのリンクを参考に貼っておきますので、こういったものを見ながら考えるのも良いでしょう。

参考

ゼクシィ 今どきの結婚費用相場

Sponsored Link


最後までお読み頂きありがとうございます。

今回の記事がお役に立ちましたら以下のボタンからソーシャルメディアで拡散してください!


こちらの関連記事も合わせてどうぞ

コメントを残す