ムダ毛処理はどのくらいの頻度で行えば良い?やり過ぎはいけないの?

Sponsored Link


org_img_3冬も終わりが近づき、段々と温かい日も増えてきました。春が来て夏が近づくのは嬉しい反面で手放しに喜べない方も多いでしょう。 というのも、どうしても暖かくなると露出が増えるものです。

そのため、秋冬に比べてしっかりとムダ毛処理をする必要があります。女性の場合は特にそうでしょう。 では、そんなムダ毛処理はどれぐらいの頻度で行えば良いのでしょうか?

常に綺麗にしておきたいと考えると毎日のようにやっている人もいらっしゃるかと思いますが、やり過ぎはなにか問題があるのでしょうか?


Sponsored Link


処理の頻度は方法による

ムダ毛処理にはいくつかの方法があります。それぞれの方法によって、どれぐらいの間効果が持続するのかが違っているわけです。方法ごとに、ムダ毛の再生期間について見ていきましょう。

剃毛の場合

FALSE:運用剃毛刀除毛,會令毛髮越刮越粗_new_img_443_665_nobgムダ毛処理の中でもよく行なわれる方法なのが剃毛です。この方法は単純にムダ毛の皮膚から出ている部分を剃ってしまうという方法で、どこのムダ毛に対しても行なうことができます。

ただし、しっかりと処理しないと毛穴に残った毛が点々と残ってしまうことがあります。処理直後は大丈夫でも、少し毛が再生してくるとその状態になることもあります。さらに、皮膚が弱い人などはカミソリ負けを起こしやすく、痛みがある場合もあります。

大体再生までの期間は3日から7日程なので、再処理もこれぐらいの頻度で行なうことになります。

脱毛の場合

images (6)脱毛はムダ毛を一本一本抜いてしまう方法です。この方法だと他の処理方法と違って根本から毛がなくなるため、非常に長い期間処理の効果が期待できます。

処理後も点々と残ることもなく、綺麗な仕上がりになります。 毛の再生は人によりますが、大体1ヶ月程度ですので、再処理も1ヶ月ぐらいの頻度で行えば良いでしょう。

ただ、デメリットは一本一本処理するため時間がかかる上、痛みを伴うことです。さらに、肌だけではなく毛穴に対してもダメージを与えることになるので、デリケートゾーンや脇など、皮膚が弱い所の処理を行うのにはあまり向いていません。

脱色の場合

cream剃ってしまったり抜いてしまったりする処理方法とは違ったベクトルの処理方法として、脱色してしまうというものがあります。

毛は黒ければ目立ちますが、白く染めてしまえば目立たなくなるというものです。 毛が濃いタイプの人だと使いにくいですが、比較的薄い人であれば、腕や脚などの処理方法として有効に活用できます。

脱色も根本的には毛をなくしているわけではないので、剃毛と同じく大体3日から7日程度で再生します。 痛みもなく負担も大きくはないですが、伸び始めてくるとかなり不自然な見た目になってしまうこともあるので、使い方を気をつけなければなりません。

ムダ毛処理はそれぞれの体質や場所ごとの毛の質などに合わせて方法を選ぶことが必要です。露出する機会が多い場所ほど頻繁な処理を行うことになりますが、だからこそ負担が掛からないような方法を利用すると良いでしょう。

Sponsored Link


最後までお読み頂きありがとうございます。

今回の記事がお役に立ちましたら以下のボタンからソーシャルメディアで拡散してください!


こちらの関連記事も合わせてどうぞ

コメントを残す