カツオの旬っていつ?初鰹は初夏が食べごろ?

Sponsored Link


01マグロと並んで高い人気を誇るカツオ。特に高知県などの名産としてよく知られています。

そこでここでは、そんなカツオをより美味しく楽しむための情報を紹介して行きます。


Sponsored Link


旬はいつごろ?

日本は四季がはっきりとしている関係から、食べるものごとに美味しい時期に違いがあります。旬のものというのはその他の時期のものより格段に美味しいのです。

kurosioでは、カツオの旬というのはいつ頃なのでしょうか?実はカツオには2回の旬があります。これは、カツオには「初鰹」と「戻り鰹」という2つの種類があるためです。

まず初鰹、これは黒潮にのって北上してくるカツオのことです。春の終わり頃から初夏に掛けてやってくるため、夏の到来を告げる風物詩として古くから知られてきました。「目に青葉  山ほととぎす 初鰹」という句は初夏のイメージを伝えるものとして有名です。

戻り鰹は、南へと戻っていくカツオのことです。こちらは秋頃のものを言います。9月から10月頃にはこの戻り鰹が主流となります。

初鰹と戻り鰹、それぞれの特徴は?

では、時期以外に初鰹と戻り鰹の違いはあるでしょうか?実はこの二つは味わいがかなり違っています。初鰹はまだ若いため、あまり脂が乗っていません。そのため、非常にさっぱりとした味わいとなっているのが特徴です。

対して戻り鰹は生育が進んできており、段々と豊かな脂が乗ってきているのが特徴です。それぞれ違った美味しさを楽しめるのがカツオの良い所です。好みもありますから、どちらも食べてみると良いでしょう。

どう料理するのが良い?

では、初鰹と戻り鰹は、それぞれどう料理すると美味しく食べられるでしょうか?まずはさっぱりとした味わいが魅力の初鰹について見ていきましょう。

ダウンロード (16)初鰹を楽しむなら、やはりそのさっぱりとした味わいを活かしていきたい所です。新鮮なものが手に入るのであれば、刺身とするのが良いでしょう。ただし、カツオはサバと同じぐらい傷むのが早いため、鮮度には気を付けるようにしましょう。生姜醤油で合わせるのが基本ですが、ニンニクなどを合わせても楽しめます。

鮮度に不安がある場合はタタキとするのでも十分初鰹の良さを楽しめます。事情によって選んでみると良いでしょう。

katsuodonn戻り鰹も刺身やタタキでもトロのような味わいが楽しめます。よりこの美味しい脂を活かすなら、照り焼きなどにしてみるのも面白いでしょう。生で食べるだけではなく、火を通すと違った味わいになるのが魅力です。

このように、カツオを楽しむには様々な方法があります。参考として初鰹、戻り鰹それぞれのレシピも下部に記載しておきます。初鰹も戻り鰹も、どちらも楽しめるように工夫してみましょう!

参考
COOKPAD 初鰹のレシピ
COOKPAD 戻り鰹のレシピ

Sponsored Link


最後までお読み頂きありがとうございます。

今回の記事がお役に立ちましたら以下のボタンからソーシャルメディアで拡散してください!


こちらの関連記事も合わせてどうぞ

コメントを残す