タケノコのゆで方、米ぬかがないときのアク抜きはどうすればいい?

Sponsored Link


IMG_4481春の味覚の代表的一品であるタケノコ。独特の歯ざわりが美味しく、栄養効果もあります。栄養効果については「たけのこに含まれる栄養は?どんな効能がある?」でも紹介しました。タケノコを調理する時に気になるのがアクです。実はタケノコのアクは非常に強く、しっかり抜かないと美味しく食べられません。

そんなタケノコのアク抜き方法として有名なのは米ぬかを利用したものです。(ページ下部にこの方法へのリンクを貼っておきます)ただ、米ぬかがない時にはどうやってアク抜きを行えば良いでしょうか?ここではその方法について紹介していきます。


Sponsored Link


まずはアクが少ないものを選ぶ

tentakeup31まず大前提として、できるだけアクの少ないタケノコを選ぶようにしよう、ということから考えていきたいと思います。タケノコのアクが多くなるのは、穂先が緑色になっているものです。成長が進むに連れて、つまりタケノコから竹に近づくにつれてアクの量は多くなります。

そのため、まずは旬のものを利用することを考えましょう。また、収穫から時間が経ったものもアクが多くなるので、できれば収穫後すぐに購入できるものを利用すると手間を省くことが出来ます。

米ぬかがない時はどうすればいい?

さて、タケノコのアク抜きに米ぬかが有用とは言え、普段から米ぬかを常備しているという家庭は少ないでしょう。急にタケノコを貰ってしまった場合などのアク抜きはどうすれば良いでしょうか?

DSCF9187実は、米ぬかは「とぎ汁」でも代わりになります。茹でる際に鍋に水と米のとぎ汁を混ぜたものを使うだけで、非常にアク抜きがしやすくなるのです。また、これまた残念なことに使っている米が無洗米のため、とぎ汁もない、という時には、生米でもこの代わりになります。ちょっと勿体無い気もしますが、水と生米を一緒に入れて茹でることでも、高いアク抜き効果を期待することができるのです。

また、タケノコに皮が付いている時には、皮も一緒に茹でるとアク抜きの効果を期待することができます。

タケノコを茹でるには米ぬか、というのが有名であるため、このように米ぬか以外でも簡単に代用できることはあまり知られていないのではないでしょうか。わざわざタケノコのために米ぬかを常備しておくより、普段から常備してあるであろう米を利用した方が経済的で効果的です。

参考
米ぬかを使ったアク抜き

Sponsored Link


最後までお読み頂きありがとうございます。

今回の記事がお役に立ちましたら以下のボタンからソーシャルメディアで拡散してください!


こちらの関連記事も合わせてどうぞ

コメントを残す