お中元の時期は?渡すときのマナーを知ろう!

Sponsored Link


お中元イメージ日本の贈り物の風習の一つに「お中元」というものがあります。個人で行う人は少なくなってきているようですが、やはり会社の取引先など、付き合いのある相手に贈りたいという人も多いでしょう。

そこでここでは、お中元を贈るに当たって、適切な時期や、渡す際のマナーといったポイントを紹介していきたいと思います。折角お中元を贈るなら、良い品物を選ぶだけではなく、正しい作法で贈ることが社会人として重要になります。


Sponsored Link


お中元を贈る時期は?

ではまず、お中元を贈る時期について見ていきたいと思います。中元というのは、旧暦7月15日のことを指していて、贈り物もこの前後に行われるのが一般的です。

ただ、お中元の時期は地域によっても違いがあるので、それぞれどれぐらいの時期に贈るべきなのかを確認しておきましょう。

ダウンロード (12)東北、関東、北陸では7月1日から7月15日の間に贈るのが一般的です。

東海、関西、中国、四国、九州、北海道では7月15日から8月15日の間が一般的だったのですが、最近は関東に合わせる形で、7月1日から7月15日の間でやりとりをしている場合も多いようです。

同じ地域間でやりとりする場合にはその地域の、違う地域間でやりとりする場合は関東基準の時期を目安にすると、行き違いが少くなり、マナーとしても良いでしょう。

お中元に関わるマナー

では、時期以外にはどのようなマナーがあるでしょうか。少なくとも無礼に当たらないようにするための知識を備えておくのが重要です。

img_1189913_28666276_0まず、お中元を受け取った側は必ずお礼状を出すようにしましょう。お中元というのはあくまでもお世話になっていることへの感謝の気持ちを伝える為のものなので、お礼状に必ずしも何か贈り物をつける必要はありません。

ただ、お互いに世話になっている会社などの場合には、まずはお礼状で謝意を伝えた上で、暑中見舞いとして贈り物を返すと良いでしょう。お中元として急いで返すと、取ってつけたような感じがしてしまいがちです。

 

 

nosiもう一つ、贈り物に関わるマナーとして、「熨斗(のし)」の付け方というのがあります。熨斗には内熨斗(包装の内側に添付)と外熨斗(包装の外側に添付)があるのですが、お中元の場合にはどちらを利用するべきなのでしょうか?

これは、贈る手段から考えるのが良いでしょう。基本的に、郵送などで贈る場合については内熨斗、直接手渡しする場合には外熨斗を利用するという形になります。

贈り物は、お互いにとって気持ちの良いものでなければ意味がありません。お中元を贈るなら、細かい所にも心配りを欠かさないように心がけたいですね。

Sponsored Link


最後までお読み頂きありがとうございます。

今回の記事がお役に立ちましたら以下のボタンからソーシャルメディアで拡散してください!


こちらの関連記事も合わせてどうぞ

コメントを残す