この本の読書感想文の書き方は?ジャンル別・感想文の定石

Sponsored Link


本得手不得手がはっきり別れる夏休みの宿題の天敵が読書感想文です。

そもそも作文が苦手という人でも、感想文というのが特に苦手という人でも、書きやすい感想文の書き方を紹介します。


Sponsored Link


作文自体が苦手じゃない人は読みやすい本を選択しよう

4132tBfG3gL._SL500_AA300_読書感想文の最初のステップはどの本を読むのか、ということです。最近ではライトノベルやケータイ小説を題材とする児童や生徒が多く困っているという声もよく耳にします。こういった本はいざ提出しても認めらない可能性があるばかりか、娯楽作品は内容についても感想を書きにくいものとなりやすいのであまり良い選択とはいえません。

同じく娯楽小説でも本屋大賞や直木賞、芥川賞のような文学賞を得ているものについては一定の評価を得やすく、書きやすさ自体も優れているため選択肢としては良いものといえるでしょう。

こうした本を選択した時にありがちな失敗は「あらすじ」を解説するのに終始してしまい、感想文とならないことです。そうならないように、読みながら場面毎に思ったことをメモしていくと良いでしょう。

意外に書きやすい近代文学。作文自体が苦手な人にこそおすすめ

芥川おそらく多くの人が非常に取っ付きにくいという印象を持っているのが「近代文学」と呼ばれるものだと思います。夏目漱石や芥川龍之介など、文豪と呼ばれる人達の小説は多くあります。

これらの文章は著作権の時効が50年であるため、インターネット上などでも全文読むことが出来たりします。

現在の文章に比べると読みにくいのは確かで、言葉の意味なども分かりにくいのですが、その反面で「社会背景」というものを読み取れば、比較的簡単に感想文を書くことが出来ます。

文章自体だけでなく、その時代についての感想も書くことが出来るので、まとめやすい題材となるでしょう。

読書感想文の書き方本

最後に、読書感想文の書き方をまとめた書籍を紹介します。参考にすると、一気に書きやすくなるでしょう。

読書感想文書き方ブック

宮川俊彦著『読書感想文書き方ブック』

この本は小学生向けの読書感想文指南本です。課題図書を例にとって、感想文のレベルアップを目指す事ができる本となっています。

 

 

51198G5YAPL._SL500_AA300_吉岡日三雄著『読書感想文の書き方-高学年向き-』

こちらは小学生の中でも特に高学年に当たる児童向けの指南書です。文章の書き方自体だけではなく、「感動できる本」の選び方を解説しています。

 

 

文章を書くというのは慣れない人にとっては非常に難しくストレスを感じるものです。お子さんが感想文を嫌がっている時には、まず本選びから一緒にしてみるといいのではないでしょうか。

Sponsored Link


最後までお読み頂きありがとうございます。

今回の記事がお役に立ちましたら以下のボタンからソーシャルメディアで拡散してください!


こちらの関連記事も合わせてどうぞ

コメントを残す