吉野の桜、2014年の見ごろはいつ?混雑を避ける方法はある?

Sponsored Link


p2眺望一面の桜が楽しめる日本有数の名所、吉野山。合計3万本に登るとも言われる桜は、下千本・中千本・上千本といった公園で楽しむことができます。今年もそのシーズンが近づいて来ました。

さて、そんな日本中で有名な桜のスポットだからこそ、気をつけなければならないこともあります。そこでここでは、2014年の吉野山の桜の見ごろの他、混雑を避ける方法などについても考えていきたいと思います。


Sponsored Link


今年の見ごろは4月上旬頃~

今年の開花情報は「花見の時期2014.各地の見頃はいつ?」でも紹介しましたが、平年並か少し早めとの予測です。吉野山は関西地方なので全体としては3月下旬頃から開花が始まりますが、山地であるために少し遅く4月上旬頃からが見頃となると見られています。

3月末から4月一杯に掛けては、下千本・中千本・上千本のそれぞれの公園で夜桜のライトアップが行われます。例年通りであれば18時から22時頃となるので、夜桜鑑賞がしたいのであれば、この時間帯を狙うのが良いでしょう。

行われるイベント

この時期の吉野山ではいくつかのイベントが行われます。花見スポットとしても有名な金峯山寺では、4月10日~12日頃に女人護摩や大名行列などのイベントが行われる予定です。(動画は2010年の吉野山大名行列の様子です)

この時期は殊更混雑することが考えられますので、イベントに参加する予定がないのであれば避けた方が良いでしょう。

混雑を避ける交通手段

混雑を避けるには、なんといっても交通手段の選択が重要になります。3月末から5月上旬までの間、交通規制が掛かるので山内まで自家用車で行くとかなり厳しい渋滞に巻き込まれることになります。

なので、車で行く場合には近鉄吉野駅前にある駐車場を利用し、そこから出ている中千本行きのシャトルバスを利用するのが良いでしょう。

koutsuu車を使わず、公共交通機関で来るという場合には七曲坂から勝手神社に掛けての歩行者天国を利用したり、ロープウェイで黒門前まで行くというのも存分に桜を楽しみながら移動できる方法です。

また、時期の選定も重要で、上記のイベントの時期だけではなく、満開シーズンの休日はやはり混みやすいので、可能な限り平日にプランニングするようにすると良いでしょう。ライトアップの時期は夜間でもかなり混雑するので、夜桜鑑賞が目的なら、多少仕方ないと諦めるしかありません。

折角お花見を楽しむなら、気持よく楽しめるように、事前のスケジュール合わせをしっかり考えておきましょう!

参考
吉野山観光協会 桜情報
※音楽が鳴りますのでご注意下さい。
吉野山最新情報

関連
吉野山からも割りと近い大阪城公園でのお花見をご検討の方へ
大阪城公園の桜、2014年の見ごろは?綺麗に見られる時間帯と混雑

Sponsored Link


最後までお読み頂きありがとうございます。

今回の記事がお役に立ちましたら以下のボタンからソーシャルメディアで拡散してください!


こちらの関連記事も合わせてどうぞ

コメントを残す