花見の時期2014.各地の見頃はいつ?

Sponsored Link


sakura_front_600x450今年の冬は寒さが厳しく、2月から3月に掛けて急激に暖かくなる見込みです。こういった気候の予測から、今年の桜の開花は平年並か、少し早めであると予測されています。

河津桜の見頃については河津桜、2014年の見ごろはいつごろ?綺麗に見られる期間は短い?でも紹介しました。

さて、それでは各地の桜の見頃について、それぞれの名所を考えながら辿って行きたいと思います。桜巡りの参考としてくだされば幸いです。


Sponsored Link


九州の見頃は3月下旬~4月上旬

58764九州地方の2014年の桜の見頃は、3月下旬から4月上旬に掛けてと見られています。去年の九州は特に開花が早く、今年も早いという予想ではありますが、去年程ではないという見方です。

佐賀県の桜の名所である唐津城や、長崎県の西海橋公園などは大体この標準通りの見頃とされています。鹿児島県の国分城山公園については、平年は3月中旬頃から見頃となる、少し早い場所なので、フレキシブルに見積もっておきましょう。

関西の見頃は4月上旬~4月下旬

58638関西地方は平年並であれば3月下旬、ないしは4月上旬頃から見頃となるとされています。ただし、関西地方の桜の名所の特徴として、山地にあるものが多いということがあげられます。

例えば比叡山延暦寺吉野山の桜というのはその代表で、山地にあり気温の上昇が緩やかな関係で、地域全体の開花よりも少し遅れて咲き始めることが多いようです。そのため、地域全体の見頃は4月上旬~ですが、これらの名所については4月下旬頃まで待つことになる可能性もあります。特に開花状況を確認しておく必要があるでしょう。

関東地方の見頃は3月下旬~4月下旬

関東地方の桜は、大体3月と4月の変わり目あたりから開花が始まるのが一般的です。関西地方に比べて高地ではない桜の名所が多いため、大体この通りの開花が見込めるでしょう。

目黒川桜並木や、靖國神社などは大体この時期となります。靖國神社に関しては開花宣言の標準木があるため、情報が入りやすいでしょう。ただ、関東といっても少し北部にある栃木県は天平の丘公園などは4月中旬頃から見頃となると見られています。

お花見の予定を立てるなら、しっかりと桜が咲いている時期を狙うようにしましょう。開花時期や散花時期近くに予定すると、見頃をズレこんでしまうことがあるので、ちょっと寂しいお花見になってしまうかもしれません。

参考
さくら開花予想2014

Sponsored Link


最後までお読み頂きありがとうございます。

今回の記事がお役に立ちましたら以下のボタンからソーシャルメディアで拡散してください!


こちらの関連記事も合わせてどうぞ

コメントを残す