生チョコのラッピングはどうする?100均グッズでもやり方次第で十分OK!

Sponsored Link


生チョコふんわりとした食感で、口の中でとろける甘さが人気の「生チョコ」。最近ではすっかり定番となり、バレンタインデーに手作りされることも多くなってきました。

自分で作るとなると難しそうではあるのですが、実は手作り自体はそこまで難しいものではありません。レシピを見ながら作れば十分良いものを作ることが出来ます。

ただ、生チョコをバレンタインデーに贈る場合、一番困るのは作る所よりもラッピングだ、という人も少なくないでしょう。通常のチョコレートとは趣きが違うため、ラッピングも少々考えなければならないためです。


Sponsored Link


100均の箱を使ってラッピング

r_021ここでは、100均などでも売っている小さな箱を使ってラッピングする方法について紹介していきたいと思います。箱自体はそこまで立派なものでなくても構いません。生チョコが収まる大きさと高さがあるか、ということにだけ注意するようにしましょう。

まず、必要なら箱にデコレーションを施します。可愛い柄の包装紙を貼り付けたり、折り紙をハートマークに切り抜いたりして飾り付けると、シンプルな箱でも十分可愛らしく出来ます。

この箱に、クッキングシートを敷きましょう。大きさは箱に合わせますが、少なくとも一片はチョコレートをおいた後、折り返して上を包み込めるように長めに取っておきましょう。

次に、生チョコを一口サイズにカットします。出来るだけ正方形になるようにするとgood!

そうしたら、上からココアパウダーなどを振って、クッキングシートを折り返し包み込んでから蓋をしましょう。あとはリボンやメッセージカードなどを添えてシールなどで留めれば、完成度の高いラッピングとなります。

透明フィルムを使ったラッピング

生チョコというと箱での包装がイメージとしては強いですが、100均に売っている透明フィルムなどでもラッピングすることは出来ます

01-21-005-Valentine-lapping一口サイズにカットした生チョコを、紙のカップやプラカップなどに2,3個入れてから透明フィルムを掛ければ、小分けの可愛らしいラッピングにすることが出来ます。

ただ、生チョコはどうしても溶けやすく、ベタっとしてしまいやすいので、カップにもクッキングシートを敷くなどの工夫をした方が無難です。

箱でのラッピングにしろ、フィルムでのラッピングにしろ、気候によっては保冷剤などを使って持っていった方が失敗は少なくなるでしょう。

チョコレート自体も大事ですが、ラッピングも見栄えを大きく左右する要素です!こういった所に気を遣えることをアピール出来れば、きっとバレンタインの成功へと一歩近づく事が出来るでしょう!good luck!

関連
友チョコへのお返しはどうしよう?同性同士だからこそ選べる一品とは?
義理チョコへのお返しは?職場での相場はどうか

Sponsored Link


最後までお読み頂きありがとうございます。

今回の記事がお役に立ちましたら以下のボタンからソーシャルメディアで拡散してください!


こちらの関連記事も合わせてどうぞ

6件のコメント

  • すっごく参考になります。
    ありがとうございます。

  • ココ

    すっごい参考になりました!!

  • Reen

    大変参考になりました!
    ラッピングに困っていた者です…;

  • 匿名

    すごおおおーい!参考になりましたああ~*

  • 筆者

    筆者です。
    コメントありがとうございます!上手く出来たでしょうか……?
    参考になったようなら幸いです。

  • きりん

    100均かー!!参考になりました。

コメントを残す