おみくじを結ぶ意味は?持って帰るのでは駄目なのか

Sponsored Link


おみくじ正月といえば初詣、初詣といえばおみくじですよね。当たりゃしないと思いつつも、何となく気になってしまうものです。折角引くのなら、おみくじについても良く知って引くとより楽しめるのではないでしょうか。

そこでここでは、おみくじを引いた時によく行われる「結ぶ」意味について紹介していきたいと思います。何故、おみくじを結ぶのでしょうか?持って帰っては駄目なのでしょうか?


Sponsored Link


おみくじを結ぶ意味

結御籤では、まずは何故おみくじを結ぶのか、ということから見ていきましょう。おみくじを結ぶ文化は江戸時代頃から行われてきたと言われています。

基本的な目的は、凶などの悪い結果だったおみくじを結ぶことで、神社の加護を受けることです。つまり、おみくじを引いた時点で大吉などの良い結果だった場合には、その場で結びつける必要はありません。内容が良かった場合については、そのまま持ち帰っても良いということです。

凶や大凶のような特に悪い結果だった場合には、利き手ではない方の手で結びつけるとより効果的だという言い伝えもあります。これは、慣れない手で結ぶ作業をすることが一種の修行だと考えられるため、修行をしたことで災いを転じて福となす事が出来る、というのが根幹となっています。

元々は境内に生えている木に普通に結びつけていましたが、最近ではこの文化がかなり広まってしまい木がおみくじだらけになって生育にも悪いということで、結ぶための専用の縄を用意していることもあります。こういった場合は木には結ばず、用意された場所に結ぶことにしましょう。ご利益も大事ですが、迷惑を掛けないのはもっと大事です。

おみくじの吉凶、順位は?

omikujiでは、ついでなのでここでもう1つ、おみくじの吉凶の順位について紹介していきたいと思います。この定義は神社によっても違ったりもするのですが、基本的には大吉>中吉>小吉>吉>末吉>凶>大凶の順番となります。

より細かい区分で行っている所だと、大吉>中吉>小吉>吉>半吉>末吉>末小吉>凶>小凶>半凶>末凶>大凶、という順番になっています。

基本的には大吉以外は結んで加護を受けた方がよい、とされることが多いのですが、例え吉でも内容が良いと感じたら持ち帰ってしまっても構いません。逆に中吉などでも内容に不満があったり不安が有る場合は結んでいってもいいでしょう。

また、この時良い結果で持ち帰ったおみくじは、ご加護があったと感じた時や、翌年の初詣などに持って行き、お礼として結んでいくという作法もあります。こちらはあまりやっている人は多くありませんが、一つ楽しみが増えると思えばいいのではないでしょうか。

思えばあんまり初詣自体にも行かないのですが、今年は行ってみようかという気分になってきました。北海道なので真冬ですから、ちょっとまだ考え中、ですけれど。

Sponsored Link


最後までお読み頂きありがとうございます。

今回の記事がお役に立ちましたら以下のボタンからソーシャルメディアで拡散してください!


こちらの関連記事も合わせてどうぞ

コメントを残す