長距離の引っ越しは日程が肝心。しっかり予定を立ててお得に引っ越そう

Sponsored Link


トラック新生活の時期が近づいてきました。これは、引っ越しのシーズンが近づいてきたという意味でもあります。引っ越しにも色々とあり、近場で行うちょっとした引っ越しもあれば、長距離を移動しなければならないような引っ越しもあります。近距離の引っ越しだと業者選びなどでもそこまで大きな違いは出ませんが、長距離の引っ越しだと価格が大きく変わってくる場合があります。

そこでここでは、長距離の引っ越しを行う時に「しっかり日程の予定を立てておく」ことでお得にする方法を紹介していきたいと思います。


Sponsored Link


引っ越しの価格は余裕を持った準備で大きく変わる

荷造り急な引っ越し程、引っ越しのための前準備をする時間が取りにくいものです。勿論、仕事の都合などでどうしてもそうしなければならない場合もあるかもしれませんが、早い段階で引っ越しをすることが決まっている場合にはよく考えて引っ越しの準備を進めておきましょう。

特に重要なのが、引っ越しに持っていくべき物と、そうでない物の選別です。引っ越しで、家にあるものを片っ端から持っていくのではお金がいくらあってもたりません。家具や家電などは、場合によっては持っていかずに処分して、引越し先で新しいものを購入した方が安くなる場合もあります。

持っていく荷物は出来るだけ少なく済ませることが重要です。その準備も、時間があるならやりやすいはずです。

いつ引っ越すかによっても価格は変わる

もう1つ重要なのは、引っ越しをいつ行うのか、ということです。勿論これも自分でスケジュールを決められる、というのが前提とはなりますが、その場合には2つのポイントを覚えておきましょう。

カレンダーまず第一に、引越し業者の忙しいシーズンを避けるということです。基本的に、新生活の始まる直前である2月や3月というのはどこの引越し業者も手一杯で、この日程で頼もうとするとその分割高な料金が設定されている場合がほとんどです。可能であれば、この時期をずらしてスケジュールを組みましょう。

もう1つは、平日を選ぶということです。休日と平日だと、同じ内容の引っ越しでも平日の方が安くなります。シーズンで避けるのは都合があって難しくても、平日と休日ぐらいなら都合が付けられる、という人は多いでしょう。せめてこちらだけでも、意識するようにしてみるとお得に済みます。

最後に、日程によるポイントではありませんが、引っ越し業者を選ぶ上で重要なのは相見積もりを取るということです。一社にだけ見積もりを頼むのではなく、いくつかの業者に同じ条件で見積もりを依頼して、よりよい場所を選ぶということが重要になります。

相見積もりにはhttp://kakaku.com/hikkoshi/などが使えます。業者選びの参考に使ってみてはいかがでしょうか。

私も北海道と山梨の間の引っ越しを経験しましたが、一人暮らしの少ない荷物であったもののかなりのお金が掛かりました。今考えれば、もっと余裕を持って準備していればかなり安くできたのになあ、と思う次第です。これから引っ越すという方は是非早めの準備をしてみましょう。最後に、実りある新生活をお祈りしております。

Sponsored Link


最後までお読み頂きありがとうございます。

今回の記事がお役に立ちましたら以下のボタンからソーシャルメディアで拡散してください!


こちらの関連記事も合わせてどうぞ

コメントを残す