節分の豆まきのやり方は?正しいやり方で健康を祈ろう!

Sponsored Link


節分毎年2月4日は節分です。元々は立春・立夏・立秋・立冬の前日のことを指すものでしたが、今では立春前のものだけを指すのが一般的です。

さて、この節分といえば「鬼は外、福は内」の文句でお馴染みの豆まきでしょう。そこでここでは、豆まきのやり方を紹介していきたいと思います。折角やるなら、正しい方法でやってみましょう。


Sponsored Link


家庭での豆まきの手順

神社仏閣でやる豆まきの手順と、家庭での豆まきの手順は同じではありません。ここではあくまでも家庭でやる豆まきの手順を見ていきましょう。

まず最初に、まく豆についてです。豆は基本的には大豆を用いますが、そのまま使うのではなく、炒って使います。神棚がある場合には、炒った後に少しの間お供えしてから撒くとより効果があるとされています。

炒って使う理由は「炒る」の響きが「射る」に通じており、鬼を効果的に退治することが出来るため。同様に豆を使うのは「豆」の響きが「魔滅」に通じ、これもまた鬼に強いというのが理由です。

豆まき豆をまく際の掛け声は、お馴染みの「鬼は外、福は内」が一般的です。が、条件によっては掛け声が変わる場合があります。例えば、鬼という文字の付く姓が多い地域や、地域名に鬼という名前が付いている場合には、「鬼は内」とすることや「福は内」のみとする場合があります。

最近では子供がいる家庭での豆まきの際には鬼のお面を付けた人に撒くことも多いですが、これはやってもやらなくても構いません。「炒った豆を掛け声に合わせて撒く」ことが豆まきの正しいやり方、ということになるわけです。

その他の節分の風習

では、ここでは加えて豆まき以外の節分の風習についても紹介していきたいと思います。

柊鰯1つは「柊鰯」です。文字通りですが、これは焼いた鰯の頭を柊の枝に刺して戸口に飾っておくというものです。

鬼は鰯を焼く時に出る煙を嫌い、さらに柊の葉の刺が目に刺さるため苦手としている、という言い伝えから来ています。全国で見られる節分の風習ですが、最近ではやっている家庭が少なくなっており、知らない人が見るとちょっとショッキングな見た目かもしれませんね。

恵方巻き

もう1つは、「恵方巻き」です。いわゆる巻き寿司ですが、中身に特にルールはありません。ただ、食べる時には恵方という毎年違う演技の良い方向を向きながら、喋らないで食べるというのが一般的です。

元々は関西地方での風習でしたが、最近はコンビニでキャンペーンが打たれるなどして全国的に広がってきました。恵方ロールケーキなんていうのも登場しているとか。甘いものが好きならそちらも良いかもしれませんね。

このように、節分には豆まきルールに加え、豆まき以外の風習も色々とあります。

ちなみに北海道(私の故郷です)では炒り豆ではなく殻付きの落花生を撒くのが一般的です。撒いた後、食べやすいのがポイントでした。片付けが面倒だけど豆まきがしたい、というなら割と良いかと思いますよ。

Sponsored Link


最後までお読み頂きありがとうございます。

今回の記事がお役に立ちましたら以下のボタンからソーシャルメディアで拡散してください!


こちらの関連記事も合わせてどうぞ

コメントを残す