ディグラム診断って何?無料で出来る性格診断を試してみよう

ディグラム診断皆さんは「ディグラム診断」というものをご存知ですか?最近テレビ番組でも取り上げられたため、殊更注目を集めています。

ディグラム診断とはネットでも簡単に出来る無料の性格診断のことです。ここでは、そのディグラム診断について詳しく紹介していきたいと思います。 「ディグラム診断って何?無料で出来る性格診断を試してみよう」の続きを読む…

雑学

郵便局の自爆営業。違法性と問題点の考察

郵便ポスト郵政民営化から8年経ち、郵便局もすっかり利潤を求める体質に変わりました。これ自体が悪いことではありませんが、近年殊更問題となっていることとして「自爆営業」というものがあります。

「自爆営業」というのは、販売ノルマを課せられた営業の契約・派遣社員が、ノルマ分の販売を完遂することが出来ず、残った分を自分で買い取ることによってノルマを達成させるというものです。郵便局では主に年賀状で行われています。

ここでは、この「自爆営業」には「違法性」がないのか、ということと、真なる「問題点」は何かということについて踏み込んでいきたいと思います。

違法性の有無

では、まずそもそも「自爆営業」が違法ではないのか?ということについて考えていきたいと思います。勿論、ここで違法を疑う対象は営業の労働者ではなく、郵便局の方です。

郵便局が自爆営業によって違法を問われる可能性があるのは「労働基準法」の二十四条です。

(賃金の支払)
第二十四条 賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない。ただし、法令若しくは労働協約に別段の定めがある場合又は厚生労働省令で定める賃金について確実な支払の方法で厚生労働省令で定めるものによる場合においては、通貨以外のもので支払い、また、法令に別段の定めがある場合又は当該事業場の労働者の過半数で組織する労働組合があるときはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がないときは労働者の過半数を代表する者との書面による協定がある場合においては、賃金の一部を控除して支払うことができる。

つまり、自爆営業は賃金の一部を買い取りの商品で支払っているとされる可能性がある、ということです。郵便局の場合は、年賀状が給料の一部の現物支給扱いとして見られた場合、労働基準法第二十四条の違反となります。
ただし、これを立証するためには、郵便局が社員に対して「自爆営業」を強要していたという証明が必要となります。「残った分は買い取れ」、という命令があった証拠があれば勿論のこと、ノルマが達成出来なかった時に厳罰があるといったような書類でも実質義務と認められる可能性もあります。

自爆営業の真の問題点

命令があれば違法となる、ということも勿論大きな問題ではありますが、自爆営業における真の問題点は違法性ではなく、企業体質にあるといえるのではないでしょうか。

そもそも自爆営業をしなければならないのは、年賀状のノルマを売り切る事ができないためです。これは、何も営業の社員の能力が劣っているということではありません。そもそも、ノルマの設定枚数の方が間違っているということです。

年賀状だけではなく、ハガキを出す人というのはインターネットメールの発達に伴って減少の傾向にあります。それなのに、ノルマが枚数も値段も据え置きであれば、当然売り切ることは出来なくなります。アダム・スミスが『国富論』の中で述べているように、物の価格というのは需要と供給によって変化します。需要があるものは値段が上がり、ないものは値段が下がる。かつ、供給が多いものは値段が下がり、少ないものは値段が上がるという価格のメカニズムです。

現在の年賀状は「需要が下がり」「供給が多い」状態にあります。当然、そのままの価格で売り続ければ、売り切ることが出来るものではありません。

民営化により利潤を上げることを目的とするあまり、本来の意味を見失ってしまっていることが、自爆営業の背景にある最大の問題点ではないかと思います。

今後、この自爆営業が防がれるようにするためには、郵便局が自発的に企業体質の改革を行うか、或いはより厳しい法整備を敷くより他に方法はありません。もし、現在自爆営業を強要されているという人達がいるならば泣き寝入りするのではなく、少なくとも証拠だけは持っておくようにするべきでしょう。

社会

皇帝ダリアを来年も。冬越しはどうさせる?

皇帝ダリア冬の寒空にピンク色の花を咲き誇らせる皇帝ダリア。見ているだけなら美しいのですが、自分で育てる場合には色々と気をつけなければならない点というのも多くあります。

特に知らないと出来ないのが、来年もその花を育てる方法です。多年草ではあるものの、日本の気候だと冬の寒さに耐え切れず枯れてしまう場合が多いので、特殊な措置を取らないと来年も育てるのが難しいのです。 「皇帝ダリアを来年も。冬越しはどうさせる?」の続きを読む…

植物

渋柿を甘くする方法は?アルコールやドライアイスを使えば簡単!

渋柿実りの秋に楽しめる果物は沢山ありますが、その中でも代表的なものの一つなのが「」ですよね。とろりとした甘さが口の中に広がる独特の味わいは素晴らしいものです。

ただ、柿は甘い柿ばかりではありません。中には渋柿といって、そのまま食べても渋いばかりで全然美味しくないものもあります。では、そんな渋柿を甘くして食べる方法はないのでしょうか?ここではその方法について紹介していきたいと思います。 「渋柿を甘くする方法は?アルコールやドライアイスを使えば簡単!」の続きを読む…

着物にもコートを。冬の着こなし講座

着物コート今や洋服に比べると着る機会は少なくなった「着物」ですが、それでも私服として使っている人や、何かの集まりの際にのみ使う人などは根強く残っています。

新しく着物での生活を始めたいと思っている人も多いかと思うのですが、普段と違う衣装であるためどのように着こなせばいいのか難しいのもまた事実。特に冬場の寒い間はどんな着方をすればいいかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、冬場の着物の着こなしとして、着物へのコートの合わせ方について紹介していきたいと思います。 「着物にもコートを。冬の着こなし講座」の続きを読む…

関東の木枯らし1号、2013年はいつ頃に?

木枯らし木枯らし1号というのは、その年に初めて吹いた木枯らしのことをいいます。春一番と違って近畿と関東でのみ発表されるのが通例となっています。

定義としては「10月から11月の間に吹いた風速8m/sを超える北寄りの風」を木枯らしといいますが、今年2013年の関東の木枯らし1号はいつ頃だったのでしょうか? 「関東の木枯らし1号、2013年はいつ頃に?」の続きを読む…

雑学

冬至にかぼちゃを食べる由来は?明治時代は「うどん」でも良かった!?

冬至12月22日は「冬至」です。冬至とは一年間の中で最も日が短く、夜が長い日のことで、日照時間の短さから寒さが際立つ日でもあります。

冬至といえば、よく言われるのが「かぼちゃ」を食べるという習慣ですよね。地域によってはかぼちゃのお汁粉にする、という場所もあるようですが、そもそも何故かぼちゃを食べるようになったのでしょうか?その由来を紐解いていきたいと思います。 「冬至にかぼちゃを食べる由来は?明治時代は「うどん」でも良かった!?」の続きを読む…

産後クライシスの原因は。離婚を回避する解決法。

離婚皆さんは「産後クライシス」というものをご存知でしょうか。最近になってテレビなどでも取り上げられる事になり、多くの人に知られることになりました。それまではインターネット上では「ガルガル期」といった名前で呼ばれていたようなので、こちらの名前の方なら知っている人もいらっしゃるかもしれません。

産後クライシスというのは、女性が子供を出産した後に夫に対する不満が爆発してしまい、夫婦関係が修復不能なレベルまで悪化してしまうことを言います。「そんなの人によるんじゃ?」と思われるかも知れませんが、かなりの女性がこういったことを経験しているのだといいます。

では、この「産後クライシス」の原因は何処にあるのでしょうか?そして、この産後クライシスによる離婚を回避するためには、どんな解決法があるのでしょうか?これは男性だけが意識しても、女性だけが意識しても解決出来るものではありません。ぜひ、ご夫婦で読んで頂ければと思います。 「産後クライシスの原因は。離婚を回避する解決法。」の続きを読む…

雑学

伊勢神宮への初詣。混雑を避けることは出来る!

伊勢神宮日本における最大の神社であり、多くの人々が集まる場所「伊勢神宮」。今年は遷宮が行われたため、例年よりも高い注目を集めました。

この伊勢神宮が一年で最も賑わうのが、やはり初詣の日ということが出来るでしょう。その数は50万人を超えるほどで、如何に多くの人がこの場所に魅力を感じているのか分かります。

とはいえ、この混雑のなかではちょっと行きにくいという人も多いでしょう。そこでここでは、伊勢神宮への初詣で混雑を極力避ける方法について紹介していきたいと思います。 「伊勢神宮への初詣。混雑を避けることは出来る!」の続きを読む…

正月の花の生け方。初心者でも簡単に出来るアレンジ方法。

正月の花お茶・花・着付け、といえばかつては女性の三教養と言われ、多くの人が手習いとしていました。今では3つとも習得している人というのはそうそういるものではありません。

とはいえ、正月ぐらいは綺麗な花を飾りたいと思う人も多いのではないでしょうか。あるいは、親族などからそれを求められることがあって、どうすればいいか分からない人も多いかと思います。

そこでここでは、素人でも簡単に出来る花の生け方と、ちょっとランクが上に見えるようなアレンジ方法を紹介していきます。 「正月の花の生け方。初心者でも簡単に出来るアレンジ方法。」の続きを読む…